2019/04/27

ホストファミリーとの出会いと私の変化

Profile 氏名:Fuki / 学年:高校3年生

Fukiさんにインタビューを行いました

SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
高校留学に来た前後のフィジーの印象を教えてください。
フィジーに到着した瞬間は、「海とヤシの木」という想像通りでした。ただもっと、ハワイみたいにリゾート感が強いのかなと思っていました。
来る前からフィジーは発展途上国とは聞いてはいたけれど、実際はそのイメージが湧いていなかったのかもしれません。 実際にホームステイ先に到着して、日常生活を過ごしていく中で、「発展途上国なんだな」と思える光景が見えてくるようになりました。
例えば、家の屋根がトタン屋根だったり、雨漏りしていたり。
設備に関しても断水があったり、停電が頻繁にあったり。道もガタガタで日本とは全く違いました。ボロボロの服を着た人とかも普通にすれ違うこともあります。

SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
ホームステイを始めてからの暮らしや、ホストファミリーとの関係について教えてください。
最初は、家の前に子どもがいっぱいいて不安でした。また、事前の情報では「ホストファミリーは、夫婦2人の家庭」と聞いていたのですが、実際にはおじいちゃんが住んでいてびっくりしました。
フィジーでは日本と違って、突然親戚と暮らし始めることが多いようです。そういったカルチャーショックもあって、最初のうちはすごく疲れを感じることも多かったです。
ただ、初対面の印象は「すごくいい人そうだな」と思って、結果として、本当にいい人達でした。でも、良い関係を築くまでには色々葛藤もありました。
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
ホームステイとの関係づくりの中で、どんな葛藤がありましたか?
まずは食事面です。
インド系の家庭なので、家に入った瞬間、家中がカレーの臭い!と思ってしまって、最初はそれが無理だ…って感じてしまいました。
食事もカレーばかり。お肉が苦手なので、最初のうちははほとんど何も食べられませんでした。
生活に慣れるにつれて、食事が食べれてないときは、外食にするなどしていました。
ただ今年になって、お父さんがタクシー運転手になって経済的に余裕が出たのか、家で出る食事も急に変わったんです!エビやカニが食卓に並並ぶこともあって、今ではホームステイ先の食事も大好きになりました。
あとは、ホストファザーと喧嘩した時は辛かったです。ホストファザーは毎朝車で学校まで送ってくれる珍しいおうちなんですが、通学途中の道で子犬を轢いてしまうという事件があって。
わざとじゃないって分かっていても、私は犬が大好きだからお父さんのことを本当に嫌だと思ってしまったんです。ホストファザーはその後もすごい気を遣って接してくれたけれど、一ヶ月は会話しませんでした。
でも、気が付いたらまた普通の関係に戻れました。ホストファミリーとは、喧嘩をすることもあったけれど、2年目に入った位で落ち着いて生活できるようになりました。生活に慣れたのもそうだし、なんと言ってもホストファミリーが本当に面倒見が良くて、私のことを家族の一員として見てくれるんです。
それが本当に嬉しいです。今のホストファミリーだからこそ、ホームステイ生活が楽しいと思えます。
若い夫婦なのに尊敬できるところがたくさんあります。ホストファミリーのお蔭ですごく楽しく生活出来ていて、とても幸せだなと思います。
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
フィジーに高校留学に来てよかったな、と思うことはありますか?
日本では、ステータスや「周りの人がこう思うから」とかで、自分の意思とは違った行動を取らなければいけないことがあると感じていました。
でも、フィジーは「自分が幸せならいいじゃん!」っていう雰囲気があるように思います。大きな社会の中の一部、ではなくて、きちんと自分の事を一人の人間ととして扱って貰えている実感があります。
フィジーでの人との出会いが、本当に来て良かったと思えるポイントです。特にホストファミリー。自分の家族以上に尊敬できる人に出会えたことは、本当に留学に来て良かったと思えることです!
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
フィジーに高校留学に来て、自分が変わったと思うところは、どんなところですか?
親とか周りにいた人達がいなくなって誰にも頼れないからこそ、自分の将来や自分自身がどう生きていくか、とかを、周りの人から言われるのではなく、自分の意思と責任で考えて選択できるようになったところです。
自分の力だけで人間関係を築いていかなければいけないので、自分で善悪の判断をして人と関わっていく必要があります。「これは良くてこれはダメ」っていうことを、自分で判断できるようになったことが1番の変化です。
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
Fukiさんはフィジーに高校留学に来てよかったと思いますか?
フィジーに来て良かったと思います!
日本で色々悩むこともあってフィジー留学を決めたけれど、今は来て良かったと心から思えます。
一番良かったことは、やっぱりホストファミリーに会えたこと。悩んでいると、本当に私のことを考えながら、色々自分の経験を含めてアドバイスをしてくれる。若いのにしっかり考えを持っていて義理堅い、素敵な人たちだなと心から思っています。
フィジーは、とても小さい発展途上国なのに、人に対して皆おおらかな大きな心を持っている人が多いと感じます。そこがフィジーの良いところだと思いますし、知ることができて良かったと思える価値観です。
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
日本に帰国した後の目標を教えてください。
自分のためになることを、自分で決めてやろうと思います。
今までは、親や周りに言われてやっていたことも、自分の将来の為になると自分が思えることを考えて、やっていきたいと思っています。

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP