2019/04/27

一度決めたことは、最後まで成し遂げたい

Profile 氏名:Yukina/ 学年:高校3年生

Yukinaさんにインタビューを行いました

SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
フィジーに高校留学をすることになったきっかけを教えてください。
小さい頃から留学に憧れていたということがまずあります。
また、日本では大学までの一貫校に行っていて、「このままずっと同じは嫌だな」と漠然と思っていて、なんとなく「自立したい」という想いがありました。
中学1年生の時に体験留学でフィジーに来て、中3から長期留学を決めました。 体験留学でフィジーに来た時に、ホストマザーが優しかったことなど、フィジー人の国民性に惹かれたのも大きいです。今朝も登校する時に普通に歩いていたら「Bula! 元気?」と話しかけられました。日本ではあまりないようなこのフレンドリーで人との距離が近い環境がいいなと思いました。
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
Year9(中学3年生)からフィジーに来ているYukinaさんは、今年で留学3年目になります。自分が一番成長したと思う部分はどんな点ですか?
英語のスピーキングが一番伸びました!
日本でもインターナショナルスクールに通っていましたが、ネイティブの先生に囲まれていたり、周りの日本人も英語がペラペラの人もいることもあり、「自分の英語が間違っていたらどうしよう」という不安から、あまり英語を話せませんでした。
フィジーだと、間違いを気にせずに自分から積極的に先生や友達に話しかけられるようになったことが、伸びの1番のポイントだと思います。 それは、フィジーの先生が「分からなかったらいつでも質問しにおいで!」と言ってくれたり、フィジー人の友達も間違っている英語でも理解しようとしてくれたりする環境があるからこそ、積極的に話せるようになったんだと思います。
ESLクラス(留学生向け英語授業)の先生は、普段の日常会話でも間違った文法を使った際には訂正してくれて、もっと積極的に、自信を持って話そうと思わせてくれました。
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
一番辛かったことはどんなことですか?
英語のクラスが、ESLクラスからローカルクラスに変わった時です。
日本人学生は、留学生向けの英語の授業であるESLを受けることが基本ですが、必要なレベルを満たすと現地フィジー人学生と同じ英語の授業を受けることができます。でも、いざ変わると大変でした。
ローカルクラスの英語の授業は、他の科目の授業と違って板書はあまりなく、先生が言ったことを、自分でノートを取らなければいけません。
授業が理解できないことで、「もう追いつけない」と思い日本に帰りたいと思った時期も実はありました。 授業中に分からなくて泣いてしまったことも。
「何で私はできないんだろう」と悩んだ時期がありました。 寝る時間を削って夜中まで勉強していた時もありました。でも、学校にいる日本人のスタッフの方に相談をしたり、親に電話で相談をしたりしていているうちに、「自分でまだ少しでも頑張れる!」と思える部分があったので、もう少し頑張ろうと切り替えました。 今は、睡眠時間はしっかり確保しながら、自分のペースで自宅学習と宿題を毎日しっかりやるようにしています。
その他に、フィジー人の友達のノートを借りたり、授業中に分からなかった部分に付箋をつけて、休み時間を使ってその日のうちに先生に分からなかったところを聞きに行ったりしました。 そうすることで、最初は挫けてしまっていた授業も理解できるようになり、辛さを乗り越えられました。
私は、「自分の中で一回決めたことは成し遂げたい」というモットーがあります。 後悔するのも嫌だし、フィジー人の友達と離れるのも嫌だから、頑張ろうと思えました! 最初は辛かったけど、今考えると、ローカルの英語の授業を受けて良かったと思えます。
スピードは速いし、エッセイの宿題があるなど大変なこともありますが、ローカルの英語の授業を受け始めてから、留学にきているという実感が更に増したように思います。
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
Yukinaさんは学校の成績で上位を取っていますが、英語の勉強方法について教えてください。
Year9(中学3年生)の時に出会ったフィジー人のクラスメイトの存在が大きいです。
Year9の時は「まずは環境に慣れよう」と決めていて、自宅学習等の勉強をあまりしていなかったこともあり、クラスでも50人中40位台でした。
それでもクラスメイトとはずっと仲良くしていて、ノートを借りたり、勉強を教えてもらったりしていました。
Year10(高校1年生)から環境に慣れて、勉強に力を入れられるようになったので、クラスメイトと一緒に勉強をする中で、だんだん右肩辺りに成績が伸びていきました!
Year9の時にジャスパーに1期生として入学した時、「日本人は勉強ができない」と思われていたのがとても悔しかったので、今回小テストでクラス1位を取れた時は、Year9のときからの目標が達成できた気がしてとても嬉しかったです!その仲良しのクラスメイトもハグをして喜んでくれました!
後で気が付いたけど、そのクラスメイトは学年でトップの優秀な学生だったらしく。友達選びも大事です!
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
フィジーでの高校留学後の進路をどのように考えていますか?
夢は外資系のキャビンアテンダントです!
夢の実現のために海外の大学を考えていましたが、日本人のスタッフの方に日本の大学からキャビンアテンダントになった人がいる話を聞き、今は日本の大学進学も考えています。
SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
フィジー高校留学中の後輩や、高校留学を考えている人へのアドバイスをお願いします。
ホームシックになることは、覚悟した方がいいと思います。
毎年日本に帰りたいと思う時期があって、辛いときもあったけど、その時は毎日親に電話をしたり、フィジー人の子に話を聞いてもらったりしていました。
それで、やっと乗り越えられました。 その他には、留学前にある程度英語の勉強をしたり英語を使うことに慣れていたりした方が、フィジー人の友達も出来やすいし、ホストファミリーとコミュニケーションも取りやすいと思うので、出来る範囲内で英語の準備を早くからすることをおすすめします!

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP