2016/02/16

Prefects’ Induction Ceremony

Prefect(プリフェクト)とは、日本語でいうと監督生と訳されます。他の生徒とは異なる権限や責任を与えられ、他の生徒の模範となりつつ、生徒の立場から学校運営を手伝う生徒のことです。
本日、Prefectの就任式がありましたので、紹介いたします。

Baproのprefectには、幾つか種類があります。
– Executive Prefect
– House Prefect
– School Prefect
– ESL Prefect
– Form Prefect

Prefect就任式には保護者も招待され、ローカル生徒にとってもPrefectになることは大変な名誉のようです。日本人生徒の場合、ホストファミリーが招待を受けたようです。
リハーサル時の日本人Prefect達


Executive Prefect達
今回、日本人が選ばれたのは、School Prefectに4人、ESL Prefectに6人です。


Year12 のSchool Prefect RyotaとRennna

Year12 のSchool Prefect YukiとKiyono


Year11のESL Prefect ShuyaとNatsuko


Year10のESL Prefect YukiとEnta

主賓よりLast Supper(最後の晩餐)として、キリストの体の一部であるパンとキリストの血であるワイン(今回はジュース)をもらうことで、Prefectとしての義務を再確認します。


式の締めくくりはSevusevuでカヴァを飲みます。


式が終わって、緊張が溶けたPrefect達

Prefect達は学校運営では必要不可欠な存在です。
今年も非常に頼もしいメンバーが揃ったと思います。

Executive Officer Kamoi

 

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP