2018/08/17

【Ba Pro】バプロの学期間プログラム

ブラ!

フィジー高校留学・バプロのカウンセラーMihaです。

長かった14週間のTerm 2を乗り切り、バプロは学期間休暇に入りました。

今回は多くの学生が一時帰国や他国への短期留学中ですが、

フィジーに残っている我々スタッフや学生の皆さんで

こじんまりながらも毎日、特別プログラムを開催しております。

今週のプログラムが終わりましたので、経過報告します。

《フィジーのココナッツリーフの織物》

フィジーでの伝統ある、ヤシの葉を使った工芸作品の制作に挑戦!

慣れた手さばきを見て学ぶ、カレンとアオミ。

指導員がさっさと帰ってしまったため、その後自力で

黙々と驚異の再現力を発揮したカレン。

これがエンタ作のうちわ。スカスカですが笑

フィジアン織物は性別によって制作するものが異なるそうです。

男性が作るのは大きな籠のみで、マットやバッグは女性の作品だとか。

勉強になりました。

《ココンダお料理教室》

ココンダ(kokoda)は、日本人にも人気の高いフィジーの伝統料理。

生魚と、玉ねぎやトマトをココナッツミルクに和えて、

ライムやチリで味付けをした、南国風味たっぷりの逸品です。

割ったココナッツの実を、専用の器具でほぐしていきます。

力仕事です。

こちらは、魚を捌いて一口サイズに切っている女子。

魚を捌くのなんて初めて!という学生もいました。

こちらが、出来上がったココンダに、、、

ESLの先生が差し入れてくれた、ヤサワ諸島で収穫した

山盛りの海ブドウです。

フィジーらしく、学校の敷地内で収穫したキャッサバと一緒に

美味しく頂きました。

この日はこんなランチのひと時をみんなで過ごしました。

《その他…》

学生不在のこの機会に、大鬼ごっこを開催したり…

(この後、校長先生からお叱りがあったそうです…すみません汗

ラウトカの海が見える広場にて、

ジャスパー生と合同でごみ拾いを行ったり…

(写真は、一人地道にごみ拾い中のヒロキ。ありがとう!)

社会人経験を活かした、カウンセラーのTamaさんによる

プレゼンテーション講座もありました。

受験の面接やプレゼンの対策に直結する内容で、非常に為になりました。

こんな感じで、学期中よりもさらにのんびり時間が流れている

学期間休暇中のバプロなのでした。

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP