2018/10/25

【Ba Pro】外国語大学に合格!

Bula
フィジー高校留学・バプロカウンセラーのMihaです。
再びバプロからの朗報
ENTA、専願だったK外国語大学に合格しました!!
さっそく志望校選びから受験、合格に至るまでの話を聞きました。
登校時に合格を報告するENTA

Q: 合格おめでとう!ENTAは受験したのが一校のみで、

バッチリその大学の合格を決めてきたのが素晴らしいキラキラ

専願というのはそれだけで本気度が高いと思うんだけど、

そこまで行きたいと思える大学をどうやって見つけたの?

ENTA: Yr.10の頃から漠然と大学進学を考えていて、
始めはアメリカのコミュカレに入学してから四年制大学への
編入というルートを考えていたんですが、バプロから直接
日本の四大に挑戦できると気づき、Yr.10修了後の一時帰国のときに、
真剣に志望校を検討し始めました。
具体的には、Yr.11修了後の一時帰国時です。この時には時間の速さに、
『おれ何してんねん』というスイッチが入ったタイミングだったため、
TOEFLゼミナールに相談に行きました。
そこで外国語大学を2校勧められて、この大学の存在を知りました。
その後、自分で調べたり母に協力を仰いだりしながら、一校の専願に絞りました。

Q: お母さんにはどのように協力してもらったの?

ENTA:勧められた二校が参加する大学説明会に行って、資料を
もらってきてくれたり、自分が大学に聞きたいことを代わりに電話で
質問してもらったりしました。特に、提出書類については何度も
母から大学側に確認してもらって…本当に感謝しています。

Q:志望校を専願にしたのはどのタイミング?

ENTA:二校を調べていくにつれて、K外国語大学の方がカリキュラムの
特殊さから魅力的に思えたんですよね。大学って、先生が前に出て、
学生が話を聞いてカリカリそれを写してーってイメージがあったんですけど、
僕が受けた大学は、少人数制の学生同士のディスカッション形式で、
学生参加型っていう部分が、自分の求めているものに近いなーと。
そして、この大学はTOEICで520点以上取得していて専願の場合は、
小論文の試験が免除になって、面接試験のみになるので、
TOEICでこの点数をクリアした時点で、専願にすると決めました。
新入生へのオリエンテーションも数多く担当してきたENTA

Q: 学校の特色をちゃんと調べられたところが、受験のモチベーションに

繋がったんだね。TOEICの目標をクリアすること以外に、

出願書類の準備も含めて、フィジーではどんな対策をしていたのかな?

ENTA:出願書類は成績表、卒業見込証明書、TOEICスコア表のほかに

大学指定の志望理由書と、450~500字の留学体験記がありました。

日本語のかしこまった文章は三年間書いていなかったこともあり、

自信がなかったので、自分で頑張って書いてからTamaさんに

書き方や細かい修正点をチェックしてもらいました。

留学体験記の内容は、フィジーに到着した頃の心境から、

サイクロンに遭った時の悲惨な状況、その後、ケレケレ文化に触れて

この国で助け合う精神を学んだことを書きました。

インターンのSHIGEさんの受験対策コースが始まってからは、

全クラスに参加しました。特に時事問題対策が面白かった!

自分の場合、面接では時事問題には触れられなかったけれど

内容自体が参考になりました。

また、実際に小論文は免除されましたが、小論文のために

日本から持参してきた漢検の勉強をしたり、小論文の過去問を

解いたりもしていました。

教室での一コマ

Q:そして、いよいよ受験一時帰国となるわけだけど、日本では

どのように対策をしていたの?

ENTA:自分は面接の常識について何も知らなかったので、

まずはyoutubeで面接のルールを学びました。

あと、面接で聞かれそうな内容は、『帰国子女 受験 面接』

などのキーワード検索で、質問をピックアップしました。

受験前の二週間、久しぶりの日本で誘惑も多く、

モチベーション管理の自分の戦いになるけれど、

最初の一週間質問とその回答を書き出し、

次の一週間はひたすら日本語と英語で反復練習をしました。

この二週間の努力で四年間楽しめるなら、これくらい頑張れる

そう思って、ひとりで家で犬に話しかけてました(笑)

Q:そして、いよいよ面接当日。どうだった?

ENTA:めっちゃ緊張しました。ガクガク震えて入室したら、

ネイティブの先生が両手を肩に置いてリラーックス!と

優しく話しかけてくれたので、緊張が解けたという感じです。

Q:ENTAはバプロの制服姿で面接に臨んだんだよね!

スル(巻きスカート)については突っ込まれなかった?

ENTA:自分はこの制服に誇りを持っていたので、座るときに

目立つようにして座ったらすぐにその服はなに?って聞かれました。

冠婚葬祭で切るスルっていう服なんです、と説明しながら、

やってやった、インパクトがあったぞという嬉しさがありました。

Q:緊張していたにも関わらず、いい滑り出しだね。

ENTA:面接官はネイティブの先生と日本人の先生が一人ずつで、

最初の5分は英語、最後の10分は日本語でした。

自己紹介と自分の長所と短所を聞かれた後で、

自分が提出した志望理由書に沿って質疑応答がありました。

一番熱弁して、手ごたえを感じたのが、この大学の理念である

『言語を通じて世界に平和を』に感銘を受けた、という箇所です。

あなたは本当に世界は平和になると思いますか?と聞かれ、

価値観の相違で様々な戦争が起こり、みんな、解決策が

あることがわかっているにも関わらず戦争はなくならない、

言語を通してお互いを理解しあうことの大切さを、自分の経験を

通して語った時に、面接官の反応から手ごたえを感じられました。

どんなに練習しても、想定していない質問をされると一瞬、

頭の中が真っ白になります(笑)

でも、自分でのフィジーでの経験を整理して、フィジーで

楽しかったこと、嬉しかったこと、大変だったこと、

ボランティア活動で喜んでもらえたこと、プリフェクトとして

リーダーシップをとってきたことなどを語り、

大学生でも友人とお互いにモチベーションを高めあえるような

学生になりたいと理想の大学生像を語りました。

面接を終えた時には、やり切った!という充実感で満たされました。

合格を報告したENTAと、泣いて祝福する当校マネージャー

Q: フィジーでの経験を誇りを持って語れることが、ENTAの

勝因であることを改めて感じました。

フィジーの後輩に向けてアドバイスをお願いします!

ENTA:早く準備することに無駄はありません!

特にTOEICに関しては目標をクリアするタイミングがギリギリで、

その時は精神的にもしんどかった。

単語を見るだけでもいいので、早めに取り組むことをお勧めします。

そして、自分は時間のメリハリをつけていたことも良かったと思います。

友達のいろんなお誘いもあったけれど、目標設定した後は

普段は仲の良い友達でも、俺に誘うな、俺にかまうなと言って

普通に断っていました(笑)

特に、自分の場合はフィジー留学をさせてもらって、親に迷惑を

かけたくない、家族を喜ばせたいという気持ちが強かった。

だから、流されずに親孝行したい気持ちで大学のことを調べまくり

準備にあたりました。

あとは、具体的には

リラックス!緊張するな!!

飲み物持っていけ!!

(緊張で口の中カラカラになりました笑)

自分に自信を持って!

ってことですね!

ローカルの先生とENTA

Q:ENTAはきっと素敵な大学生活を送れると思います。

日本でも頑張ってね!

ENTA:大学入ったら、自分と違ういろんなタイプの友達を作って、

勉強も並行しつつ自分の世界を広げたいなぁと思います。

いっぱいバイトもして、親に学費を返しながらの大学生活を

妄想しながらにやにやしている毎日です(笑)

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • フィジー中学・高校留学の体験談

    留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 英語学習や大学進学の情報コラム

    留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • フィジー中学・高校留学のコラム

    高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP