2018/10/29

【Ba Pro】大学の看護学科に合格!

Bula

フィジー高校留学・バプロカウンセラーのMihaです。

次々に大学合格の吉報が届いている最近のバプロです。

本日は、D大学の看護学科の合格を手にしたNENE

受験を振り返ってもらいました。

受験一時帰国からフィジーに戻ったNENEの登校風景

Q: 看護師看護師の夢への第一歩である看護学科の合格、おめでとう!

この大学のことはどうやって知ったの?

NENE:去年、日本で『D大学でカレシができる』というCMを観て、

この大学に看護学科が新設されることを知りました。

看護師をずっと目指していたものの、フィジーからAOや帰国枠で

受験できる看護学科自体がとても少なかったのですが、

逆にターゲットが絞りやすく、志望校を2校に設定しました。

そのうちの一校がD大学でした。

Q: 大学についてはインターネットで情報収集したのかな?

NENE:そうです。あとは、私の場合、母が介護士ということもあり、

情報収集を手伝ってくれました。

D大学を始めに勧めてくれたのも母で、その他の大学や

専門学校についても教えてくれました。

Q: お母さんからのアドバイスは心強かっただろうね!

志望校を決めた後は、どのように受験の準備をしていたの?

NENE:インターンのSHIGEさんの受験対策コースに毎回参加しました。

そこで、志望理由書、自己推薦書の書き方を学んだり、

小論文の過去問題を練習したりしました。

そしてD大学の受験前の二週間は、日本で面接に特化した塾に通い

週2回、二週間で計4回、面接対策を行いました。

当校マネージャーと合格を喜びあうNENE

 

Q:出願書類はどんなものがありましたか?

NENE:まず、学校側からの成績表と卒業見込証明書、

そして必須ではないもののTOEICスコアも添付しました。

自分で記入したのは志願票と自己推薦文で、

自分のフィジーでの経験やアピールポイントを作文にまとめました。

Q: 出願書類を提出した後、AO入試は面接だけだったとのことだけど

面接はどんな様子だった?

NENE:大部屋に通されて、試験官2人対学生1名のブースが4つあり、

面接はすべて日本語で行われました。

志望理由を聞かれた後、どうしてフィジーに留学したのか、

誰がフィジー留学を決めたのか、という質問を受けた以外は、

友人関係で気を付けていること、

看護婦になれなかったらどんな職業に就きたいか、

看護婦になってどんな人間になりたいか、そして

一分間の自己PRなど、他の国内の受験生と同じ質問だったと思います。

看護婦以外の職業については全く想定していなかったので、

思わず『バスガイドさん』と答えて、試験官の先生に笑われました(笑)

OC(体験入学)生の時からの仲である、スクールスタッフのShainazと

Q: NENE自身、面接の手ごたえはあった?

NENE:フィジーに関する質問の時に、自分がもともと自立志向が

強かったことと、苦手な英語を克服したかったこと、そして

留学を決める前に、東京の寮に住む手続きをしていたのに

さらなる自立を目指すためにそれを取りやめてフィジー行きを決めた、

という話をしたときには、いい反応を得られた気がしました。

Q: NENEからバプロの後輩へのアドバイスをお願いします!

NENE:まずは、フィジーでの経験を増やしておくことをお勧めします。

私はYr.11でコロイピタでのボランティアリーダーを1年、

またYr.12でプリフェクトを務めたので、それが出願書類や

面接のときの武器になりました。

日本での受験の際は、フィジーへの注目度は他の国とは違うので

フィジーで積極的にいろいろ参加して、経験を増やすことが勝負。

フィジー独特の体験で、目を引くようにしましょう

受験の数か月前になったら、自分の武器を面接用に準備して、

最後の一週間はその内容を覚えるだけという状態にしました。

2017年はコロイピタでのボランティア活動でリーダーを務めた

あとは、成績やTOEICも大事です。

その時には気づかないけれど、Yr.10、11の時から勉強して

おく方がいいと思います。

Yr.12は夏になったら受験準備で忙しくなるので、

Yr.11までに結果を出しておくと心と時間に余裕が生まれます。

ここで、Yr.12担当スタッフのTAMAさんから一言。

TAMA:Neneの勝因はまず、看護師という目標が明確だったこと。

そして、計画に基づいてその時々にやるべきことをちゃんと

やってきたということ。

いつもNeneは自分でムリムリって言いながらも、

なかなかフィジーで受験モードに入れない子が多い中、

一番始めにスイッチが入った学生のひとりだったね。

 

Yr.12のプリフェクト就任式にて

TAMA:志望校を二校に絞った時も、どちらも入試内容が

フィジーでの経験をアピールしやすい形態の大学だった。

AO入試の場合、ここまで勉強すれば合格できるという

形式ではないため、逆に先が見えない受験ではあるけれど、

NENEが実際に受験では使わなかった、小論文や志望動機書や

時事問題にも真剣に取り組んでいたので、その余裕が自信となって

面接官にもプラスに伝わったんだと思うよ。

NENE:そう、あんなに準備していた医療関連時事問題も

ひとつも聞かれなかったんですよー!

でも、すごい難しいことを聞かれたらどうしようという不安も

あったけれど、結果的に言いたいことは全部言えた面接だったし

準備していて本当に良かったと思いました。

それには、モチベーションを上げてくれた、頑張っている

友達の存在が大きかったです。

彼女がいたから、私も頑張れました!

Q: そしていよいよ、4月からは夢への第一歩だね!

NENE:購入リストの中に白衣が含まれていたので

早速、来年から白衣を着て研修をすることになりそうです照れ

プリフェクトに就任したときのNENE

私たちもNeneの白衣姿がみられる日を楽しみにしています看護師

Nene本当におめでとう!お祝い

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP