2020/02/12

高校留学と大学留学の違い 高校留学のメリットは?

高校留学を考えている人の中には、大学で交換留学に挑戦したり、大学から海外に進学したりすることを考えている人も多いかと思います。

では、高校留学と大学留学の大きな違いとは何でしょうか。
実際は、高校留学と大学留学は両方にメリットもデメリットもあります。

高校留学と大学留学のメリットとデメリットを把握して、自分にどの留学スタイルが向いているか考えてみましょう。

高校留学と大学留学の違い

高校留学と大学留学では、留学する年齢に大きな違いがありますが、その他にも様々な違いがあります。

費用

高校留学をする場合かかる費用は、学費/滞在費/生活費/渡航費などを含めた上で、200万円〜600万円ほどです。

費用は国や留学する高校によってその金額は大きく異なります。
高校留学で費用を抑える方法についてはこちらを参考にしてください。

<参考:できるだけ安く高校留学!留学費用を安く抑える方法3選

また、大学で留学する場合、国によって違いがあるものの300万円〜700万円ほどかかると言われています。参考に名門大学で1年間にかかる費用を見てみましょう。

■■■■■■■■■表■■■■■■■■■■■■

大学留学の場合も高校留学と同じように、物価が安い国や地域を選んだり、生活費を節約したりすることで、全体的な費用を安く抑えることができます。

高校留学と大学留学をアメリカの同じ地域で比較してみます。
―高校留学→200万程度
―大学交換留学→400万程度
※学費/滞在費/生活費/渡航費など

交換留学でも高校留学のおよそ2倍の費用がかかることがわかります。
その理由は学費と滞在費にあります。
学費について、高校留学は国や地域によっては政府から援助が出る場合があります。
今回比較したアメリカでは、高校の学費が無償で、留学生にも適用されています。
また、高校では教科書を支給されますが、大学では教科書を自分のお金で購入する必要があります。
大学の教科書代は決して安くはなく、年間で10万円以上必要だったという話も聞きます。

また、滞在費については、高校留学する学生のほとんどがホームステイに住むのに対し、大学で交換留学をする学生のほとんどが大学にある寮に住みます。
ホームステイの滞在費と寮に滞在する費用はほとんど同じですが、ホームステイに滞在する費用には食費や電気代が含まれていますが、寮費には含まれていないことが多いです。
大学生は勉学に忙しいと、外食も多くなり、その分食費もかかってします。

以上の2つの主な理由から、大学留学の費用が高校留学の費用の約2倍かかることになります。
ちなみに、日本の高校では、教育費や生活費を含めた1年間の費用は、公立高校で60万円程度、私立高校で120万円程度と言われています。
2010年度から導入された高校授業料無償化制度により、ある程度の所得に満たない世帯の学生の授業料は免除されることになっています。
また、日本の大学の場合、下宿生だと国公立大学で年間200万円程度、私立大学で年間300万円程度かかります。

奨学金

大学交換留学の方が、高校留学よりも奨学金をもらえるチャンスが増えます。
大学交換留学の場合は、大学が積極的に奨学金を提供していることが多く、その奨学金を利用することで最終的な費用を抑えることができます。
最近は国際協力を全面に押し出している大学も多く、大学によっては月額5万円程度を支給する大学もあり、奨学金の種類や数は大学によって様々です。
それに対して、高校留学はまだ全体的な母数が少ないこともとあり、申し込みすることができる奨学金の種類も数も大学留学と比較すると少数です。
高校留学で奨学金を考えている方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください!

<参考:高校留学で利用できる奨学金おすすめ4選

学ぶこと・経験

勉強の難易度については、大学の方が圧倒的に難しいです。
高校まで義務教育である国も多く、高校では教師が手厚く指導をしてくれ、進学や卒業も他の海外大学と比べても簡単です。
大学では、レポートやプレゼンなど課される宿題が重く、それに加え単位を得るために予習や復習も欠かせません。
高校では、その分友達と遊んだりホームステイ先の家族と交流をしたりなど、勉強以外のことにも時間を割くことができます。
反対に、生活の自由度は大学留学の方が圧倒的に高いです。
高校生は未成年ということもあって門限など安全に生活するためのルールがあるためです。
大学留学だと、自分で免許を持ってドライブをしたり、友達とお酒を飲んだりすることができます。
ただ、いくら高校生より自由だからといって、日本や大学の代表として留学していることは忘れないようにしましょう。

英語力

入学するのに必要な英語力は、留学する国や学校によって異なります。
留学先高校によっては英検2級程度の語学力が求められるところもありますが、大学留学に比べると、求められる英語力は一般的に低いと言えます。
また、自然な英語を使えるようになりたい!と思う人は高校留学の方がおすすめかもしれません。ホームステイとも関わることが多く、生活のなかで英語を使って会話できるからです。
反対に、大学留学の場合は、よりアカデミックな英語を学ぶことができます。
将来は国際機関で働きたい!と考えている人は大学留学に挑戦することをおすすめします。

高校留学のメリット・デメリット

高校留学のメリット

・費用は大学留学のおよそ2分の1
・留学に求められる英語力が比較的低い
・留学してからの勉強がそこまでハードではない
・脳が若いので英語力の上達スピードが速い

高校留学のデメリット

・奨学金の獲得が比較的難しい
・門限や行動範囲などルールが厳しい場合がある

大学留学のメリット・デメリット

大学留学のメリット

・奨学金の獲得が比較的用意にできる
・学びたい学問について専門的に学ぶことができる
・車の運転など自由度が高い
・滞在先を寮やホームステイ、シェアハウスなどの選択肢から自分にあったものを選ぶことができる

大学留学のデメリット

・学費や生活費を含めると費用がかかる
・高い英語力が求められることがある
・テストやレポートが比較的ハード

まとめ

大学留学や高校留学はそれぞれメリットやデメリットがあるものの、海外で挑戦することに変わりはありません。
充実した学校生活を送れるように、留学の目標を明確にしたり英語の勉強をしたり留学の準備をしかりすることを忘れないようにしましょう!

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP