2020/10/22

英語力向上への新しい挑戦!高校留学の魅力

海外留学をするのは、大学生になってからと考えている方が多くいるのではないでしょうか。しかし、近年日本の高校への進学ではなく、海外の高校に通う海外留学を選択する高校生が増えてきています。

文部科学省が発表した「平成29年度高等学校等における国際交流等の状況」では高校生の留学者数が過去最多の約4万7000人となりました。3ヶ月未満の短期留学をはじめ、1〜3年間の長期留学など様々な留学がある中で、今後も高校生での海外留学を選択する学生が増えると予想されています。

そこで今回の記事では高校生だからこそ挑戦することのできる海外留学の魅力について紹介していきます。

言語の吸収が早いうちに短期間で英語を上達

言語の吸収は若ければ若いほど早く、英語の環境に身を投じることで短期間で英語を上達させることができます。高校生のうちにネイティブの人との交流の機会を持つことで生の英語に触れることができ、一年も経たないうちに英語を話せるようになります。

日本の高校での英語教育では、中学校同様に文法に力が入れられており、大学受験のための英語教育でもあります。そのため、文法を完全に理解しているけど話すことのできない日本人が多く、将来海外の人と仕事をする時に苦労をします。

高校から海外で完全英語の環境で勉強することで英語の四技能(スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング)すべてを満遍なく上達させることができます。

私の場合(小学生の時に4年間アメリカで生活)は、小学校2年生の時から現地校に通い、家以外の全ての環境で英語を使用し続けた結果、全く英語が話せない状況から一年で問題なく友達と英語で話せるまでに成長することができました。

私が英語を話せるようになったのも言語の吸収が早い若い時に英語を学習したからです。高校留学を機に一気に英語を自信持って話せるまでに成長ができます。

数値の向上

 増える将来の選択肢

高校時代に海外留学を経験することで大学以降の進路の選択肢が広がります。高校留学時に様々な授業(宗教学や経済学など幅広い分野)を選択して学ぶことで将来自分がどのような分野を継続して勉強し、仕事にしていきたいのか見つけることができます。

高校留学を過去に経験した学生の進路は様々ですが、以下の二つがほとんどです。

①日本の大学を受験し、通う

日本に戻って大学を受験する人のほとんどが帰国子女枠(条件:最終学年を含んで2年以上継続して在籍していること、高校卒業後2年未満の学生 ※大学によって条件に違いあり)を利用したり、AO入試を受験します。高校時代に学んだ英語を生かして受験することができ、有名大学に進学する人が多くいます。大学受験前まで時間がないケースもあるので、どのような形で受験をし、いつから準備をするのか把握する必要があります。

②海外の大学に進学する

高校時代に学びたい学問を見つけ、海外に残って海外の大学に進学する学生も多くいます。高校時代に身につけた英語を最大限生かしながら学びたい学問を専攻し、より厳しい環境に身を置きながら人脈を広げることができます。

大学卒業後も外資系企業や海外の企業を選択肢に入れることができ、選択肢の幅が広がります。高校で上達した英語を仕事でも生かしながら日本だけでなく、海外でも大きな障害なく働くことができます。

日本の高校に通う生徒にとっては日本の大学が主な次の進路となります。しかし、海外で高校留学を経験することで海外の大学進学も選択肢となってきます。海外の大学入学に必要な英語力をすでに習得しているため、日本の高校を卒業してから海外の大学を目指す学生と比べて容易に入学をすることができます。

高校留学を機に進路が大きく変わる学生も多くおり、自分の将来を考える良いきっかけとなります。

膨大な将来の選択肢

価値観の変化・柔軟な思考力の獲得

高校留学で海外での生活を経験した後に一番感じる成長は、価値観の変化です。物事の考え方が変わり、広い視野で落ち着いて考えることができるようになります。

一例として私が小学生の時にアメリカに4年間在住し、海外での生活を通して生じた価値観と行動の変化について紹介します。

困っていたら迷わず助けるべし

意見をはっきりと伝えること

海外での生活をきっかけに考え方が変わり、精神的に大きく成長します。日本に住んでいるだけでは得られない経験や学びをすることができます。

固定概念を捨てる

高校で海外留学することで日本人がつくりがちな固定概念を捨てることができます。例えば、日本人は仲間意識が強く、同じグループに所属している日本人を仲間として受け入れのに対し、髪や肌の色、話す言語が違う外国人には「〇〇人は〇〇だから」と国や人種で括り、一方的な偏見を持ってしまっています。

早い段階で海外で生活をし、様々な人種の人々と接していくうちに固定概念を捨てることができます。日本にいるだけでは気づかなかった他者の魅力にも気づけるようになり、言語の壁を超えて積極的に他者と交流する機会を持つようになります。

自立した生活・自信を深める

自立した生活

高校留学中はホームステイやドミトリーで生活する人がほとんどですが、今まで当たり前であった生活が一変し、親から自立した生活を送ります。親が今まで自分にしてくれていたことのありがたみを感じるようになり、心身ともに大きく成長することになります。環境の変化が成長を生み、より自立した人間へと変化します。

自信を深める

高校留学をしている時は毎日が新しい環境であり、新しいことに挑戦する機会が増えてきます。一つ一つの挑戦、そして失敗と成功体験が新しい学びにつながり、自信を深めることになります。

高校留学を選択した人にしか得られない経験が自信となり、将来大学や仕事で壁にぶち当たった時に乗り越えることができます。

まとめ

高校生で親元を離れて海外留学をするのは不安な方が多くいると思います。しかし、高校留学をするからこそ得られる経験が大いにあります!そして高校留学中には、不安から自信へと大きく変わるきっかけが必ずあり、自分自身を心身ともに成長させることができます。

高校留学は人生に大きな影響を与える重要な選択となりますが、親御さんともしっかり話し合いながら納得のいく選択をしてください!

この記事が高校留学を迷われている方の参考になれば幸いです。

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP