2022/04/03

不登校からの留学はフィジーがおすすめ!海外留学で失敗しないためには?

不登校から海外留学する方法が知りたい
海外留学で失敗しないために気を付けるべきことは?

このようなお悩みに答えていきます。

近年、不登校から学校生活をやり直すために、「海外留学」を選ぶ学生が増えています。

・新しい環境で再スタートできる

・将来の進路選択で有利になる

・英語力が身に付く

このように、不登校が克服できるだけでなく、将来の選択の幅も広がるのが海外留学のメリットです。

しかし、「不登校だから」という理由で海外留学しても、現地で理想とのギャップを感じてしまうかもしれません。

「海外留学がどのようなものか」

「留学失敗しないために気を付けること」

このように、海外留学を詳しく解説していきます。

不登校の学生に人気の「フィジー留学」と、実際の手順についても見ていきましょう。

 

「不登校からの留学」を考える際にまず知っておくべきこと

「海外留学したい」と思ったら、まず留学の基本的な知識をつけておきましょう。

留学の種類や費用がわからないと、留学先の国や学校選びで失敗してしまう可能性もあります。

また、留学と聞くとキラキラした生活をイメージしがちですが、留学の大変な部分も理解しておくことが大切です。

海外留学について、知っておくべき基礎知識を見ていきましょう。

 

留学の種類

留学には「正規留学」「交換留学」の2種類があります。

正規留学・高校を休学(もしくは中学卒業後)に海外高校に入学
・期間は2〜3年
・単位取得・卒業を目的
交換留学・日本の高校に在籍しながら、提携の海外高校へ留学
・期間は数ヶ月〜1年
・異文化交流が目的、帰国後に日本の高校を卒業

どちらを選べば良いかは「現地の高校を卒業したいか」「少しだけ海外の高校に通いたいか」など、留学の目的によって異なります。

 

費用が多くかかる

海外留学の費用は、1年間で「約200万〜500万円」かかります。

費用に含まれる内容は、下記の通りです。

・学費
・滞在費
・生活費
・渡航費

特に学生の海外留学は、金銭的な面でも保護者の方のサポートが必須になります。

国によっても費用が異なるため、早い段階から行きたい留学先について、相談しておきましょう。

 

日本と環境が全く異なる

海外で生活すると、日本で当たり前だったことが通用しません。

実は、日本は他の国に比べて、公共機関や生活環境がとても安定しています。

日本と海外の差は、実際に海外で生活するまで気づくことは難しいでしょう。

渡航後に、生活の不便さを感じてストレスに感じてしまう人も少なくありません。

しかし、「人がフレンドリー」「自然が多い」など海外の良い面もたくさんあります。

海外留学をするなら、日本とは何もかもが違うことを覚悟しておきましょう。

 

不登校からの留学はフィジーがおすすめ

不登校の学生の留学先におすすめなのが 「フィジー」です。

フィジーは、下記のような南国です。

・世界から観光客が集まるリゾート地で美しい自然に囲まれている
・世界一幸せな国とも言われる幸福度No.1な国民性
・気候が温暖で過ごしやすい

週末にビーチでゆったり過ごすなど、南国特有のゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。

また、幸福度No.1のフィジー人が留学生をあたたかく迎え入れてくれます。

実際、「不登校で人間関係に悩んでいたが、現地で前向きになれた」という学生も多いです。

不登校の学生におすすめの「フィジー留学」について、詳しく解説していきます。

【参考記事】:フィジー高校留学を充実させるオススメの過ごし方

 

他の国よりも費用が安い

フィジー留学の費用は、1年間で「約150万円」です。

アメリカと比べると「約3分の1」の費用で留学できます。

また物価が安いため、現地での生活費も抑えられるのもポイントです。

費用が高くて海外留学を諦めていた人にとって、フィジー留学は格安で長期留学ができる国と言えます。

 

国民が世界1フレンドリー

フィジーでは、国民がフレンドリーで現地で英語を話す機会が多いです。

フィジーは「世界一幸せな国」と言われることもあり、人とのつながりや優しさを大切にする国民性があります。

人と話すことが好きなので、街中で知らない人から声をかけられることもあるでしょう。

南国のスローライフだからこそ、人とのコミュニケーションを大切にする環境で、会話を楽しむことができます。

 

不登校生が海外留学で失敗しないためには?

不登校の学生が、海外留学で失敗しないためのポイントが下記の3つです。

 1. 自分にあった国を選ぶ

 2. 日本で英語を学んでおく

 3. 留学前にその国に行ってみる

海外留学で失敗する人は、「なんとなく」で留学してしまう傾向があります。

よって、 渡航する前に「自分が留学先で何がしたいのか」時間をかけて考えることが大切です。

事前に準備をしておけば、留学先でやるべきことがわかり、海外生活がより有意義なものになるでしょう。

海外留学で失敗しないために、気を付けるべきことを解説していきます。

 

自分に合った国を選ぶ

海外留学で失敗しないために大切なのが、自分に合った国を選ぶことです。

・自然に囲まれて過ごしたい
・寒いのが苦手で暖かい気候を好む
・人が多すぎると疲れてしまう

このように、人それぞれ過ごしやすい環境が変わってくるでしょう。

国によって暮らす環境が大きく変わるため、国ごとの特徴を調べておきましょう。

【参考記事】:【比較】高校留学の費用を国ごとに紹介!安い3カ国も厳選

 

日本にいるうちに英語の基礎を学習

渡航する前に、英語の基礎知識を身につけておきましょう。

ネイティブレベルまで、英語を流暢に話せるようになっておく必要はありません。

しかし、渡航後に現地の人とのコミュニケーションが取れるほど、得られる者が多く留学生活も楽しくなります。

毎日少しずつ英語の基礎を学習しておくことで、現地で使える英語力がつき、渡航後に英語力が一気に伸びるでしょう。

【参考記事】:高校留学でそのくらい英語力は必要?高校留学時の英語力

 

一度その国へ訪れてみる

可能であれば、留学前に一度その国に行くことをおすすめします。

理由は、インターネット上の情報だけでは、現地の雰囲気を把握することが難しいからです。

たとえば、治安の良さなど身の安全に関わる正しい情報収集ができないと、現地に行ってから不安な思いをしてしまうかもしれません。

留学エージェントに相談する場合も、現地の雰囲気を詳しく聞くようにしてみてください。

 

海外留学に行くまでの手順

実際に、海外留学に行くまでの手順をご紹介します。

海外留学の準備は、1年ほど前から始めておくと安心です。

たとえば、年に2回入学を受け入れている学校の場合、1度タイミングを逃すと6ヶ月渡航時期がズレてしまいます。

よって、留学エージェントへの相談はできるだけ早めにしておきましょう。

【参考記事】:高校から留学をするには?留学までの流れを5ステップで解説

 

留学エージェントに相談

始めにすることは、留学エージェントへの相談です。

留学エージェントに相談すると、海外留学が具体的にイメージできるようになるでしょう。

・期間ごとの留学費用
・学校での授業内容
・留学後の進路

このような内容は、実際に留学生をサポートしているエージェントからでないと、正しい情報を得ることが難しいです。

海外留学すると決断していなくても、まずは気軽に「留学とはどのようなものか」問い合わせてみましょう。

 

出願をする

まずは出願です。

海外の中学・高校に行くには、下記のような書類が必要になります。

・成績証明書
・入学申込書
・エッセイ
・英語力の証明書

英文の書類が必要になるので、早めに申請を進めておきましょう。

 

学校と滞在先を決める

現地で通う学校と、滞在先を決めます。

学校選びで失敗しないためには、「授業の内容」や「日本人の割合」など、詳しくエージェントに確認するようにしましょう。

現地のほとんどの時間を学校で過ごすため、学校が楽しいかどうかで留学生活の充実度も変わってきます。

滞在先は、「学生寮」「ホームステイ」の2種類があります。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、あなたの性格に合った生活ができる方を選びましょう。

【参考記事】:フィジー高校留学の特徴【ホームステイ滞在】

 

留学先へ渡航

手配が全て完了したら、いよいよ渡航です。

フライト日までに、現地で必要になる生活用品や書類をそろえておきます。

渡航日は、緊張と不安でいっぱいな気持ちになるでしょう。

しかし、 留学先ではきっと明るい現地の人や他の国からの留学生があたたかく迎えてくれるのでしょう。

また、弊社のフィジー留学の場合、現地にサポートスタッフがいるため、到着してからも安心して留学生活がスタートできます。

 

まとめ:「不登校からの留学」は人生が変わるきっかけになる

海外留学で、「人生が楽しいものに変わった」という不登校の学生はたくさんいます。

今は不登校に悩み、これからどんな人生を送っていけば良いか不安な気持ちもあるでしょう。

しかし、環境が変わると人の考え方は驚くほど変わります。

海外留学で、日本の生活から離れて暮らすことで、今まで見えていなかった幸せを感じることができるでしょう。

まずは、不登校でつらい環境の中でも「海外留学」という前向きな選択を考えられた自分を褒めてあげてください。

また不安なことがあれば、お気軽に弊社のフィジー留学のフリーバードに是非お問い合わせください。

自分のペースで少しずつ、将来に向かって進んでいきましょう。

≫フィジー高校留学について詳しく聞いてみる

≫フィジー高校留学についての無料の資料はこちらからご請求ください

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • フィジー中学・高校留学の体験談

    留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 英語学習や大学進学の情報コラム

    留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • フィジー中学・高校留学のコラム

    高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP