2021/09/29

不登校で後悔は生まれる?不登校だった過去を悔やむことの例

今不登校になっている人は、以下のような悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

  • 将来大人になってからも、不登校だったことを後悔し続けるのだろうか
  • 不登校になったけど、これからどうしていけばいいんだろう
  • 今後の人生のために、何かできることはあるだろうか

このように、今後の人生に対する不安は尽きないはずです。

しかし、過去に不登校を経験した人の多くは、見事に学校復帰や社会復帰を果たして、今幸せに暮らしています。

 

つまり、不登校の過去を後悔することなく、乗り越えている人もたくさんいるということです。

 

そこで今回では、不登校によって後悔することや、将来的に後悔しないためにできることをご紹介します。

 

これから先、不登校を乗り越えてどのように過ごすべきかを考える際の参考にしてください。

不登校によって後悔を生むかは人それぞれ

まず、現在不登校で悩んでいる人が、第一に知っておいてもらいたいことがあります。

 

それは、不登校によって後悔を生むかどうかは人それぞれということ。

 

もちろん不登校経験者のなかには、「もう少し踏ん張って、学校に通ってみてもよかったかも…」と後悔している人もいます。

しかし一方で、「あのとき学校に通わない選択をしてよかった」「不登校を経験してよかった」と前向きに捉えている人もいるのです。

 

そのため、不登校をポジティブに捉え直すことができれば、後悔を生むことはありません。

 

今不登校の皆さんは、ぜひ今から紹介する2点を知っておいてください。

そもそも不登校は悪いことではない

大前提として、不登校は決して悪いことではありません。

 

辛いこと・嫌なことから離れて、別の場所に移るのは当たり前のことです。

実際に大人の場合でも、職場が合わずに退職して、別の場所へ転職する人もいます。

 

だからこそ「学校が合わないから行かない」という選択は、ごく当たり前なのです。

 

学校に行かないことで、勉強が遅れたり、進学で不利なったりすることはあるかもしれませんが、学力や進路は後でカバーできます。

 

まずは「不登校=悪」という考え方が間違っていることを、頭に入れておいてください。

自分にとって最適な選択ができれば問題ない

「不登校になる」という選択も、大きな1つの選択肢です。

  • 不登校という選択を選んで苦しんだ過去があるから、今の自分がいる
  • 不登校で辛さを乗り越えたことで、自信につながった

上記のように、不登校になって良かったと捉えている人も数多くいます。

 

そして、不登校を前向きに捉えている人たちは、不登校中も勉強や趣味など“何か”をやっていた人が多い傾向です。

 

不登校中に打ち込めることを見つけたり、フリースクールや通信制の学校など自分に合った場へ通ったりと、自分に最適なものを見つけています。

 

将来的に不登校を後悔しないためにも、不登校期間から、今の自分にできることを取り組む姿勢が大切でしょう。

 

【参考記事】:不登校…その後どうなる?選択肢を中学・高校生向けに紹介

不登校生が後悔することの例

不登校の生徒は、普通に学校へ通う生徒と比べてしまい、後悔してしまうこととも少なくありません。

過去の不登校経験者が不登校時にどんな後悔していたのかを把握しておけば、事前に対策ができます。

 

不登校である今のうちから、将来のためにできることを考えてみましょう。

同級生に親しい友人がいない

不登校の人にとって「親しい友人がいない」という後悔が1番多いようです。

 

学校に通えば毎日友達と会い、仲良くなりますが、学校に通わなければそれだけ距離が離れてしまうのも事実。

実際のところ、中高生のときにできた友達は、長年経った後でもかけがえのない存在です。

 

大人になってからも頻繁に関わるような、仲の良い関係になれることもあります。

 

だからこそ、今周りに大切な友達がいる場合は、その人のことを大切にしてください。

不登校でも関わりを持ち続けてくれる友人や、不登校の間に出会った新しい友達やカウンセラーなど、自分と関わるあらゆる人のことを大事する意識を持ちましょう。

学校行事を楽しめなかった

体育祭や文化祭、修学旅行などの学校行事は、学生時代にしか味わえません。

学生のときにしか体験できない学校イベントへ参加できなかったことを、後悔する人も多くいます。

もし可能であれば、不登校であっても学校行事のときだけ参加するのも1つの手段です。

 

2度と経験しないことだからこそ、目に焼き付けておくのも良いでしょう。

部活動に参加しなかった

学生ならではの「部活動」に参加しなかったことを後悔する人も多いようです。

部活動を通してできた仲間は、きつい練習を一緒に乗り越えたり、喜びを共に分かち合ったりしているからこそ、一生モノの友達ができます。

 

また、部活動で懸命に取り組んだことが大人になってからの良い趣味になったり、部活動をやり遂げたことが自信につながったりと、将来への影響と大きいでしょう。

 

もし部活動に参加しないのであれば、家でできる趣味を探してみたり、スポーツをしてみたりと、何か自分で打ち込めることを探してみてください。

 

今懸命に取り組んだ経験が、将来に良い影響を与えていきます。

 

【参考記事】:不登校はどうすれば克服できるのか?5つの解決策と助言を解説

将来的に不登校を後悔する場面

不登校への後悔は、時間が経つにつれて薄くなると言われています。

しかし、長年経ったときでも後悔する気持ちがよみがえるときもあるようです。

 

ここからは、将来的に不登校を後悔する場面について紹介します。

 

不登校経験者は何を後悔するかを探りながら、今できる対策を考えてみましょう。

過去の経歴を聞かれるとき

「どこの中学・高校だったの?」などと過去の経歴を聞かれると、どうしても答えにくいと感じる人が多いようです。

仲の良い人だったら、過去に不登校で中学に行けていなかったことや、高校では通信制に通っていたことなどを、すんなりと話せるでしょう。

 

一方で、どうしても知り合って間もない人から聞かれるときには躊躇してしまいます。

 

このようなことから、自分の経歴に対してコンプレックスを持ってしまう人も多いようです。

 

しかし、他の人はそこまで過去の経歴を気にしません。そのときに出会った人たちは、今の自分を見ています。

 

だからこそ、自分の過去を否定することなく、経歴について重く考えないことが大切です。

受験や就職で学力が足りないとき

不登校生にとって1番困ることは、学校の勉強から遅れを取ることです。

 

毎日学校に行けば自ずと勉強する習慣がつきますが、不登校になると強制されないので、なかなか勉強が進まないでしょう。

しかし、実際に学力が足りないと、進学できる学校の選択肢が制限されたり、またや高校や大学でも学力差で勉強についていけなかったりと、困難に直面することもあります。

また、就職活動でも選択肢が限られて、でなかなか選考を通過できないケースもあります。

 

だからこそ、不登校に期間でも学力を上げておくことが非常に大切です。 進学や就職のシーンで、学力がカバーしてくれることが多々あります。

 

将来のためにも、不登校期間に少しでも学習を進めておきましょう。

「海外留学」は不登校だった過去の後悔を忘れられる

不登校からの復帰する方法は、決して今の学校に戻る、あるいは転校して学校に通うという選択肢だけではありません。

 

「海外留学」という選択もあります。

実際のところ、海外留学をきっかけに不登校だった過去を乗り越え、海外の学校に通えるようになったこと学生も数多くいます。

 

では、なぜ海外留学が不登校の学生にとって良い効果があるのでしょうか?

 

ここからは、不登校生が海外留学に行くメリットについて紹介します。

新たな場所で、将来の目標をが見つかる

海外留学は、今まで置かれていた環境から一気に変化し、将来の目標が見つかるきっかけとなります。

海外留学では、新たな価値観を持つ人と出会ったり、今まで目にしなかったものに触れたりすることで、見る世界が圧倒的に広がるでしょう。

 

自分の見る世界が広がれば、自分がやりたいこと・目標が見つかりやすくなります。

 

実際に、海外留学を機にやりたいことが明確になったり、 「海外の大学に進学したい!」といった大きな目標を持ったりした元不登校生も多くいます。

 

海外留学は、将来の夢ややりたいことが見つかる良いきっかけになるでしょう。

全てがゼロからの再スタートになる

海外に行くことで、これまでの経験が一旦ゼロになり、気持ちを新たに再スタートできるというメリットがあります。

 

海外に行けば、不登校だった過去の自分を知っている人が誰一人といません。

誰からも干渉されず、プレッシャーを感じない環境に身を置けば、自分の将来に向けての第1歩が踏み出しやすくなるでしょう。

 

さらには、日本の厳しい学校環境から開放されて、過ごしやすくなるというメリットもあります。

 

自由で、のびのびとした海外の学校であれば、気持ちが自ずとポジティブになるかもしれません。

 

このように、海外という新たな場所に行くことで、将来に向けての第1歩が踏み出しやすくなるでしょう。

 

中学生・高校生からの留学であれば、フィジー留学がおすすめです。

SPFB スタッフ
SPFB スタッフ
南国のフィジーは「世界1幸せな国」と言われ、国民みんながフレンドリーでどんな人でも受け入れてくれるのが特徴です。

 

留学初心者でも挑戦しやすく、かつ馴染みやすい国だと言えるでしょう。

 

さらに、フィジーは留学費用が圧倒的に安く、アメリカやオーストラリアと比べて約3分の1の費用で行けるのもポイントです。

 

ぜひこれを機に、フィジー留学も検討してみてください。

 

≫フィジー中学・高校留学について詳しく見てみる

まとめ:不登校だった過去を後悔するよりも未来を見よう

不登校を後悔するもしないも、自分の捉え方次第です。

 

せっかくなら不登校である自分を受け入れて、乗り越えて幸せに暮らせる方法を探るのが良いでしょう。

だからこそ、不登校を後悔するのではなく、自分の未来のために何ができるかを考えることが大切です。

実際に、不登校期間の過ごし方や取り組んだことによって、これから後悔のない人生を送れるかも変わってきます。

 

不登校であることを悲観的に捉えることなく、不登校中でも意味のある過ごし方を考えてみてください。

≫フィジー中学・高校留学について詳しく見てみる

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • フィジー中学・高校留学の体験談

    留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 英語学習や大学進学の情報コラム

    留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • フィジー中学・高校留学のコラム

    高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP