2018/12/12

【Ratu Navula】語学学校に潜入!

Bula

フィジー高校留学・Ratu NavulaカウンセラーのKayokoです。

フィジーは年度末の長期休暇の真っ最中で、

大半の学生が日本に一時帰国中ですが、

一部の学生はフィジーに残り、フリーバードの語学学校に通学しています。

Ba ProおよびJasperの学生の4名はラウトカ校、

Ratu Navulaの3名はナンディ校で、更なる英語学習の真っ最中です。

語学学校のホームページ

こちらの内容通り、日本の学生さんからシニアの皆さんまで、

幅広い年齢層の方が、語学学校に在籍されています。

そして、この校舎の中では、EOP(English Only Policy)

徹底されているので、日本人同士であっても絶対に

英語のみでコミュニケーションをとることがルールです。

本日は、語学学校のナンディ校に見学してきた様子を

お伝えします。

語学学校に着くと

こんなに可愛い仔やぎがお出迎えしてくれます。

名前はまだない?笑

そんな語学学校では、カラフルな、フィジーらしい服を着た

幅広い年齢層の学生たちが

真夏のフィジーライフを楽しんでいました。

クラスはLevel1からLevel7までにわかれており、

すべての教室および敷地内でEOP(English Only Policy)が

徹底されています。

高校生は個人のレベルに分かれ、

休暇期間用の語学学校の特別プログラムに参加しています。

英語の先生とRatu Navulaから参加しているKENTO

KENTOのほかに、MARI、HARUKAが

大人の語学生に混ざって英語を楽しく学んでいます。

スマイルのKayoko(左)とMari(右)

日常の高校生活と、語学学校での英語学習は、

それぞれに違う面白さがありそうです。

まずは、新しい環境で、大人に混ざって勉強することで、大きな刺激になる!

韓国や中国からやってくる留学生もいれば、

日本人も日本各地からやってくる、様々な職業の方と一緒に勉強するので、

進路に悩む時期に多くの大人と接する機会が持てるのは

貴重な機会になると思います。

そして、英語学習に集中できる環境であること!

普段の高校生活では、英語以外の科目の授業があったり、

学校の集会やイベントに取られる時間が多かったり、

ローカル学生と遊ぶ時間も少なくなかったりします。

一方、こちらの語学学校では、英語学習という目的がはっきりしているので

休暇中の語学学校に入った場合は、集中して取り組むことができ、

次の学期へのいい準備期間になりそうです。

みんな、楽しんでね~

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP