2018/06/22

【Ba Pro】絵本読み聞かせのボランティア

はじめまして。

フィジー高校留学中、Ba Pro生のKarenです。

私からはボランティア活動についてお話したいと思います。

私は6月2日にラウトカ市内の図書館に、同じくBa Pro生のHibikiと

絵本の読み聞かせに行きました。

今回このボランティア活動をしてみようと思ったきっかけは
Hibikiから「一緒に絵本を作ってみない?」と誘われたことでした。
私とHibikiは以前から翻訳に興味があり、将来の夢について
よく一緒に話していました。
そこで日本の昔話を英語に翻訳して絵本をつくり、図書館で
読み聞かせをするボランティアをしようという話になりました!

絵本作成は放課後に、絵の得意な友人と一緒に進めました。
1か月ほどかけて2つの絵本を完成させることができました!

そのタイトルは「Battle of Monkey VS Crab」。
皆さんはこのタイトルを見て何の話かわかりますか?

日本人なら誰もが一度は聞いたことがあるお話しです。
それは……

さるかに合戦猿かに座!!

タイトルだけ見たら、ハリウッド映画の次回作みたいですよね。

もう一つ、「The Peach Boy」。
これも、誰もが知ってるあの少年の物語。

答えは……

ももたろう!
そのままじゃん!って思うかもしれませんが、どちらも英語表記にすると
映画館とかで上映してそうな雰囲気を出してますよね?

さるかに合戦も桃太郎もかっこよくなる、これも英語マジック音譜。笑

実際にボランティアに行ってみると、みんな興味津々で
聞いてくれて、読み終わったらたくさん拍手をしてくれました。

みんなって誰かというと、偶然この日にラウトカの幼稚園児の子達がたくさん来てたんです。

思っていた以上に、 battle of monkey vs crabと the peach boy に食いついてくれました。
いつの時代も、国などは関係なく子供は物語が好きなんだ!
ということを肌で学ぶことができました。

達成感がとてもあり、また絵本を作って読みにいきたいと思いました。

少しアドバイスも頂いたので、それもふまえて次の絵本を作りたいと思います。

次回の絵本もブログに掲載しようと思います。また見てくださいねドキドキ

Vinaka.

この記事のあとによく読まれている記事

カテゴリー一覧

  • 留学体験談

    フィジー中学・高校留学中の学生たちが
    学校生活・ホームステイ、留学生活での
    「生の声」をお届けします。

  • 留学コラム

    SPFBのスタッフが英語学習や
    大学進学などの
    情報について発信します。

  • 高校生ブログ

    現地のカウンセラーによる、学生たちの
    留学レポート内容をお届けします。

タグ一覧

公式SNSはこちら
MENU CLOSE
資料請求はこちら 留学説明会お申込み 個別カウンセリングはこちら 在校生・保護者の方へ ページTOP
ページTOP