高校留学は大学受験に有利?卒業後の帰国者の進学について

「英語を身につけたい」「海外で自分の視野を広げたい」など高校留学をしてみたい気持ちは強いけど、卒業後の進路が心配という方も少なくありません。高校留学をした場合、どのような方法で、どのような大学や専門学校に進学するのか、詳しく説明します。

< 目次 >

留学後の進路

高校私費留学や高校交換留学を斡旋しているNPO法人 日本国際交流振興会(JFIE)が、高校留学(交換留学・私費留学)から帰国した高校生を対象に行った、卒業後の進路についてのアンケート調査を見てみましょう。
高校留学をした学生のうち、日本の大学や専門学校へ進学した高校生は85%と、大半が日本で進学します。
大学受験で利用した入試制度は、回答が多かった順に推薦入試32%、一般入試15%、AO入試11%、帰国生入試7%となっており、日本で高校課程を卒業した学生と比べても、利用した入試制度が多岐に渡っていることがわかります。
加えて、海外の大学に進学した生徒が15%と、高校から引き続いて海外の大学に通う生徒も一定数います。
日本の高校を卒業した学生の多くは、マーク形式の全国統一センター試験(一次試験)と各大学が課す二次試験を受験する、いわゆる一般入試を利用します。
高校留学をしている生徒は、日本の高校との学習スピードや学習範囲の違いから、一般入試で戦うのは難しいようです。
高校留学をしたからこそ得た経験や英語力を使って、推薦入試やAO入試、帰国生入試で勝ち抜いていく学生が多いです。

大学進学の種類

前述した通り、高校留学をする学生にとって、大学進学の方法は多岐に当たります。高校留学をする学生が利用する大まかな入試制度をまとめました。

推薦入試

自分の高校の学校長に推薦されて受験する方法です。指定校推薦と公募推薦の2つに分類され、指定校推薦は、大学側が指定した学校の生徒のみに出願資格があるのに対して、公募推薦は学校長に推薦さえされれば受験することができます。
指定校推薦の場合は「合格率はほぼ100%」という特徴がありますが、実際は高校大学間の信頼関係の上で成り立っており、高校留学している生徒にはあまり門戸が開かれていません。
交換留学など日本の高校を卒業する予定の人は、高校の指定校推薦枠を利用できるかもしれないので、詳しくは学校の先生に相談してみましょう。
推薦入試では、一般入試と違って、高校の学習状況や課外活動など日ごろの努力を評価されます。高校の成績に加えて、小論文と面接が課せられて、学生の思考力や表現力、個性や性格を評価されることも多いです。推薦入試は、AO入試と比べて、高校時代の成績が重要視される傾向にあります。

一般入試

留学先で正規の高等学校を卒業すれば、基本的に日本のすべての大学の入学試験を受験する資格ができます。これを「帰国生入試」と区別して「一般入試」と呼びます。
前述したように、全国統一マーク形式のセンター試験(一次試験)と大学独自の二次試験の2種類の試験を受験して総合的に判断されます。外国の学校を卒業した学生が、一般の受験者に交じって入学試験を受けるためには、日本の教育課程に沿った勉強をやり直す必要があります。そのため、一般入試を利用しようとする留学生の多くは、1年間浪人をしています。

AO入試

AO入試(アドミッションズ・オフィス入試)は、1990年度の慶応大学から始まった、日本では比較的新しい入試方法です。
出願者自身の人物像を大学側が求める学生像(アドミッション・ポリシー)と照らし合わせて合否を決めるもので、成績のみならず、志望理由書、面接などにより、資質・適性も重視した選考です。そのため、推薦入試と比べて面接の回数が多く、自身がどんな人物なのか徹底的に見られます。
一般的に、1回〜3回面接が行われる「対話重視型」と、小論文やエッセイを中心に評価をする「書類・論文重視型」に分かれます。AO入試は各大学で選考方法が全く異なるので、志望大学の募集要項や入試形式をしっかり確認した上で、臨むようにしましょう。

帰国生入試

外国の高校を卒業した学生は、留学経験を生かして帰国生入試を受験する人がいます。もともとこの入試は、保護者とともに海外で生活し海外の学校に就学した生徒の受験学習の負担を軽減するために1971年に上智大学で設けられました。
受験方法、選抜方法、募集人数、出願状況は各学校、学部・学科によって異なるので、自分が受験したい大学、学部・学科について、事前によく調べておくことが必要です。
帰国生入試は、例年9月から3月まで長い期間あるため、帰国生入試を勝ち抜くには綿密な受験計画と入念な下調べが必要です。選考方法にあたっては、「国家統一試験などの海外成績」と「大学が実施する入試の成績」の2つの大きな要素があり、この2つの要素のバランスが大学ごとで異なります。
留学先での成績を重視する大学には、慶應義塾大学・国際基督教大学(ICU)・上智大学があり、中には書類選考によって学生を評価する大学もあります。
大学が実施する入試の成績を重視する大学は、一橋大学や各大学の医学部などがあり、海外の成績だと基準が様々なため、入試の成績に重きをおく大学が多い印象です。
また、東京大学や京都大学など、海外成績をもとに書類選考し、さらに大学で実施する入試を課す方法を採用する大学も増えてきました。TOEFLやIELTSと行った民間の英語能力判定テストの点数を重要視する大学も増えてきており、帰国生入試を利用しようと考えている生徒は、志望大学の同行を定期的にチェックする必要があります。

海外の大学に進学する

高校留学経験者にとっては海外大学進学も選択肢の1つです。
高校卒業資格や指定の英語能力判定テスト(TOEFL、IELTSなど)のスコアが揃っていれば、海外の大学に挑戦することができます。日本の大学のように入学試験はなく、書類審査のみです。
国によって受験資格は非常に異なりますが、各国の受験資格を満たせていれば留学先国以外の大学へも進学することができます。海外の大学進学を目指す学生の多くは、エージェントに相談して出願やビザ申請の手続きをしています。

高校留学は大学進学に有利?

大学への進学の仕方が多岐にわたる最近、高校留学をうまく利用することで、自分の目指す大学へ近づくことができます。特に、AO入試では、高い異文化理解力やコミュニケーション能力、学習意欲、主体的に考えて行動できることなど、高校留学で身につけることができる生き抜く上で必要な能力が求められています。発展途上国であるフィジーでの留学は、日本では当たり前だと思っていたことが当たり前ではありません。そうした苦難や困難と向き合い、乗り越える経験は、大学受験でも武器になります。
また、英語検定やTOEFL、IELTSなどの有資格者を優遇する制度を持つ大学も増えています。2020年度実施の国立大学の英語入試からは、英語4技能(聞く・読む・話す・書く)の総合的な評価が重視されるようになります。こうした背景から、高校留学はますます大学への近道になり得ると言えます。帰国生入試など英語力を前提としている入試も少なくなく、留学先で「生きた英語」を学ぶことは非常に有利に働きます。
※大学によっては、高校の卒業要件に基準を設けているところもあり、一概に有利であるとは言いきれません。

進学実績

フィジー中学・高校留学を終えた学生は、様々な進路を辿っています。 その多くは、留学中に得たスピーキング力や英語資格の点数、留学経験や視野の広がりをアピールしてそれぞれの将来につなげています。フィジー留学を終えた学生の進学先は、以下の表を参考にしてください。
(表)国内大学の進学先
早稲田大学
国際教養学部
AO入試
政治経済学部 国際政治経済学科
AO入試
明治大学
政治経済学部
AO入試
青山学院大学
教育人間科学部 教育学科
一般入試
中央大学
経済学部 経済学科
帰国生
国際政治学科
自己推薦入試
公共・環境経済法学部 政治学科
英語運用能力特別入学
商業・貿易学科
英語運用能力特別入学
横浜市立大学
国際総合学部 国際教養学科
AO入試
中京大学
経済学部 経済学科
帰国生入試
甲南大学
文学部 社会学科
帰国生入試
文学部 英語英米文学科
帰国生入試
西南学院大学
法学部 法律学科
帰国生入試
日本大学
国際関係学部 国際教養学科
帰国生入試
観光学部 観光学科
帰国生入試
駒澤大学
グローバルメディアスタディーズ学部
帰国生入試
創価大学
国際教養学部
帰国生入試
国士舘大学
21世紀アジア学科
AO入試
大東文化大学
看護学部
自己推薦
経営学部 経営学科
AO入試
白百合女子大学
文学部 英語英文学科
AO入試
桜美林大学
リベラルアーツ学群
AO入試
東京未来大学
モチベーション行動科学部
AO入試
デジタルハリウッド大学
デジタルコミュニケーション学部 デジタルコンテンツ学科
AO入試
神奈川大学
経営学部 国際経営学科
AO入試
神田外語大学
イベロアメリカ言語学科 スペイン語専攻
AO入試
敬愛大学
国際学部 国際学科
AO入試
日本文化大学
法学部
AO入試
愛知学院大学
文学部 グローバル英語学科
AO入試
名古屋音楽大学
音楽学科 ジャズ・ポピュラーコース
AO入試
椙山女学園大学
人間関係学部 心理学科
帰国生入試
京都産業大学
外国語学部 国際関係学科
帰国生入試
大和大学
政治経済学部
一般入試
関西大学
政策創造学部
AO入試
関西外国語大学
外国語学部 英米語学科
帰国生入試
英語国際学部 英語国際学科
帰国生入試
京都外国語大学
国際貢献学部 グローバル観光学科
帰国生入試
外国語学部 英米語学科
帰国生入試
大阪経済法科大学
経済学部 経済学科
帰国生入試
天理大学
国際学科 地域文化学科
AO入試
神戸学院大学
人文学部 人文学科
AO入試
流通経済大学
法学部 ビジネス法学科
AO入試/帰国生入試
立命館アジア太平洋大学
アジア太平洋学部/国際経営学部
AO入試/推薦入試
沖縄大学
国際コミュニケーション学科
AO入試
(表)国内専門学校の進学先
国際短期大学
国際観光コース
AO入試
平安女学院
国際観光学部 国際観光学科
帰国生入試
関西外国語短期大学
英米語学
指定校推薦
日本外国語専門学校
英語本科 公務員専攻
AO入試
国際ビジネス科 総合ビジネス専攻
AO入試
首都医校
看護学部 高度専門士看護学科
AO入試
東京IT会計法律専門学校千葉校
法律学科 公務員初級コース
AO入試
ハリウッドビューティー専門学校
美容科
推薦入試
神田外語学院
ホテル科
推薦入試
アジア・ヨーロッパ言語科
推薦入試
英語専攻科
推薦入試
大阪eco動物海洋専門学校
海洋生物保護専攻
AO入試
布池外語専門学校
文化教養専門課程 オーバーシーズ学科
AO入試
神戸リハビリテーション福祉専門学校
介護福祉科
AO入試
大原簿記専門学校
公務員事務系
AO入試
NIC International College in Japan
-
特待生入試チャレンジB
ircインターナショナルリゾートカレッジ
グローバルビジネス科
-
東放学園音響専門学校
音響芸術科
推薦入試
日本リハビリテーション専門学校
作業療法学科
AO入試
(表)海外大学の進学先
Orange Coast College(アメリカ合衆国/カリフォルニア)
business
-
国立台北科技大学(中華民国/台北)
応用英語学科
-
Help University(マレーシア/クアラルンプール)
international business
-

フィジー留学生が大学に進学するまで

高校留学後、帰国生入試に望み、日本の大学に合格した先輩の例を紹介します。

スケジュール

〜4月
大学の調査
昨年の受験要項で受験資格(英語力や海外滞在期間)や出願に必要な書類などを確認しておきましょう。
4月〜7月下旬
入試要項入手
今年度の入試日程、出願書類、締め切りを確認し、出願書類(卒業証明書、成績証明書、在籍証明書など)を準備しましょう。
5月~7月
受験大学・学部の絞り込み
入試日程が重複してしまうこともあるので注意しましょう。またある程度入試制度や入試日程が近い大学を選ぶことで、一時帰国の日程など効率よく受験に臨むことができます。
8月~
出願および試験開始
早い大学では9月から帰国生入試が始まります。またオープンキャンパスに参加する必要がある大学もあるため、8月以降に高校の許可を得て一時帰国をします。

帰国生の入試に向けた勉強

選考方法は、第一次が書類審査、第二次が面接や試験という形式が多いです。二次試験の内容は、英文のエッセイ、日本語の小論文、英語・理科・数学などの学部に関係のある筆記試験など多岐に渡り、受験する大学に応じた対策が必要です。
最近は、夏休みなど一時帰国している間に日本の予備校に通って、帰国生入試の受験対策クラスを受講する生徒も少なくありません。通信教育やオンラインでの学習サイトを使って、受験対策する生徒も増えてきました。各大学で必要とされる英語力も異なり、非常に高い英語力を求めている大学もあるので、留学しているといえど、英語の対策もする必要があります。

まとめ

高校留学をしていた学生が、あらゆる点で一般的な高校生よりも有利ということはありませんが、自分にあった入試制度や英語力を生かすことでレベルの高い大学を狙うことも難しくありません。ただし、高校での成績や英語力など、求められる基準も一般的な入試とは異なるので、各大学に合わせた対策をする必要があります。

フィジー中学・⾼校留学についてもっと知りたい⽅へ

投稿者プロフィール

フィジー高校留学編集部
フィジー高校留学編集部
フィジー高校留学編集部ではフィジーに限らず、中学・高校留学の有益な情報を提供してまいります。